あなたの家に眠っているマイナー通貨買取ります「マイナー通貨両替所」

未分類

ヨーロッパの空港と日本の空港だとユーロを両替するなら日本の空港のほうがレートが良い!

IMG_1240皆さん、ヨーロッパへ旅行や仕事で行かれる場合、日本の空港とヨーロッパの空港だとどちらがユーロのレートを良いかご存じですか?

結論から言いますと、ユーロの両替は日本の空港(銀行)で両替をしたほうがレートが良いです。

私は普段、「日本の銀行の両替レートは、ぼったくり!」と常にいっていますが、ドルとユーロは世界的主要通貨ということもあってか良心的なレートです。

ヨーロッパの空港でユーロを両替する場合、手数料は14%!

exhange先日、私はオランダのアムステルダム空港に行きました。そのときの現地の銀行の両替レートは上記のような感じでした。

「10,000円の両替を、買いだと77.316ユーロ、102.489ユーロでしてあげるよー」という表示なのですが、凄い買いと売りで差がありますね。

中間レートが89.90ユーロとなりますから、手数料は約14%です。

そのためヨーロッパへ行かれる場合、必ず日本である程度、両替をするようにしましょう。できれば現地での両替はしないほうが懸命です。というのもヨーロッパで両替をする場合、手数料を10~20%取られます。

exhange2一方、日本の成田国際空港にある両替屋(GPA)は、上記のれーとでした。中間レートが113.16で、手数料は3.3%です。

なので日本のほうがヨーロッパよりも良心的なレートといえるでしょう。

なぜヨーロッパの両替は手数料が14%もするのか?

IMG_1333オランダに限らずヨーロッパの銀行・両替屋は、円⇔ユーロだと10~20%の手数料が相場です。

なぜ日本以上に手数料が高い(ぼったくり)なのでしょうか?理由は簡単で、人件費が高いからです。もともと両替ビジネスは薄利なので、どうしても人件費を反映させようとすれば数パーセントの手数料では済まなくなります。

なので、日本よりも人件費の高いヨーロッパのほうが手数料も高いというわけです。

まとめ

ユーロを両替する際にはできるだけ日本の空港で両替しましょう。また現地で足らなくなれば、ATMで海外キャッシングがレートも安くオススメです。

またユーロが余った場合は、日本の空港で両替をしましょう。当然、当サイトで両替して頂くのもウェルカムです!

-未分類