あなたの家に眠っているマイナー通貨買取ります「マイナー通貨両替所」

未分類

海外旅行は現金と海外キャッシングどっちがお得なの?

S__10461236海外旅行をする際に、皆さんは現地通貨をどのように調達していますでしょうか?

できれば手数料無しで楽に現地通貨を両替するのが理想ですが、やはり手数料を追求すると手間は掛かります。今回はできるだけ手間が掛からずに、手数料もそこそこ安くなる海外旅行術を紹介したいと思います。

米ドルとユーロは日本で両替して、その他の通貨は現地でしよう

mixyondon
日本の銀行は、米ドルとユーロに関しては1通貨あたり1円の手数料が相場なので、そこまでレートが悪くありません。手数料でいうと1%以下です。

ただこれ以外の通貨のレートは、はっきしいってぼったくりです。絶対に日本で米ドルとユーロ以外を両替するのはやめておきましょう。

最近は、どこの空港にも必ず到着ロビーに両替屋か銀行があります。但し深夜便や早朝便だとクローズしている可能性もあります。その場合に備えて、次の項目で紹介する国際キャッシュカードかクレジットカードのキャッシングができるように準備しておくようしましょう。

一部の国や都市には、ぼったくりの両替屋はありますが、タイ、台湾、韓国などアジア圏であれば空港でも比較的です。また両替手数料は基本的にはパーセント(%)ですから、少額て交換しても手数料負けしないのが良いところです。

クレジットカードのキャッシングがお得!だけど審査があるよ

aaaa2-800x533
次に紹介する方法が、現地のATMでキャッシングをする方法です。

現金を海外に持ってこなくても日本の口座から引き出しができるのがキャッシングの良いところです。現金を仮に盗まれても海外旅行保険では現金は補償してくれませんしね。

日本円で1万円以上をクレジットカードでキャッシングするのであれば、両替よりもキャッシングをするほうがレートが良い国のほうが多いです。特にJCBが発行するJCBブランドのカードは、現地ATM手数料も掛からないのでおすすめです。

またクレジットカードのキャッシングの場合、利息が掛かりますがこれはクレジットカード会社に連絡すれば繰り上げ返済が可能です。またエポスカードやセディアカードなどネットで繰り上げ返済のできるカードもあります。

但し最後に注意したいのが、クレジットカードのキャッシングの場合、審査があります。ショッピング枠とは別にキャッシング枠を設定する必要があり、人によってはキャッシング枠が貰えない場合があります。

その場合は、無審査の楽天銀行や新生銀行の国際キャッシュカードを用意することもできますが、これらの国際キャッシュカードは手数料が引き出す金額に対して2~4%掛かるので、おすすめできません。クレジットカードのキャッシング枠が貰えない人が、クレジットカードの代用にするくらいです。

まとめ

少額であれば銀行や両替所を活用しましょう。そして数万円の両替であればクレジットカードのキャッシングが便利です。その場合、事前にキャッシング枠が設定されてあるか確認してから海外へ行ってください。

また帰国で外貨を持ち帰った際には、当サイトの買取をご活用くださいね!

-未分類